sakuMAGAZINE

物書き練習の雑記です

PULP NONFICTION

低俗かつノンフィクションでお送りします

第一回 気軽に英語講座(仮)単語編

 

こんにちは。スターウォーズが待ちきれない日々の中悶悶としております。

一時期過去作品全部見返そう!と意気込んでましたが、今回は結構ガラッと新章突入な感じだと思うし、面倒なので断念しました。タカコーラです。

 

 

 

 

 

英語講座、ここに開講!!!

 

 

英語講座といってもそんな大袈裟なものをやっていくつもりはございません。少し気になることが溜まったら更新するくらいです。

ものすごく基礎や、定番をやっても良いのですが、それでは興が削がれる上に弱者な自分ではでかいところに駆逐されるのがオチなので、ニッチを攻めていく方向で。笑

「良く使うわけじゃないけれど案外これ知らなかったなー!!」くらいに思えるものを目指して――――

 

 

 

 

 

今日紹介するのは単語です

 

 

そんな感じで、今回の講座は幾つかの単語を紹介しようと思います。雑多に。

今回の単語はこいつらだ!!!!

 

  • hemp
  • symptom
  • insititution
  • drainage
  • crappy

まとまりありませんが許してください。

so let's go our way ~ !!

 

 

 

 

 

・Hemp  (ヘンプ

意味:麻、大麻

解説:いわゆる麻薬のの大麻です。いきなりこんなんですみません。笑

純粋に植物繊維の麻(あさ)と認識されることもありますが、大麻と解釈される方が多いです。

大麻としての類義語はやはり「marihuana(マリファナ)」ですね。

繊維としての麻を呼ぶ場合は、「a hemp thread(麻糸)」と呼ばれます。

thread が糸や筋道等の細いものという意味なので、こっちも一緒に覚えられるといいですね。

むしろこっちの方が頻度は高いかと思われます。日本語でも2chでスレとか言いますよね?まさにそれ!

 

 

 

・Symptom   (シンプトン)

意味:(医学的な用語で)症状、徴候 兆候、兆し

解説:主に病院等で使われることの多い単語です。a symptom of ~(病名)で「~の症状」といった意味で多く使われます。「my symptom is ~」等の使い方で病院で説明すると良いかもしれませんね!

その他には、普段使われる意味としては兆候、、、ですが、それよりもベターな単語があります。それが「omen」です。前兆とかの意味があります。an omen of death→死の前兆  といった使い方があります。オーメンというホラー映画がありますよね!大好きです!観ましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

・institution  (インスティチューション)

意味:制度、学会、公共施設、設立、名物、おなじみのもの

解説:この単語は似たような雰囲気ですが意味が複数あるので注意です!

比較的よく使われる意味は公共施設ですが、その他も覚えておくとお得かも。

動詞の「institute」の意味が「設ける、制定する、任命する」等なので、自分は何か決められたことや会のことを意味するんだなーくらいに覚えてます。

次行きます!

 

 

 

 

 

・Drainage(ドレナージ)

意味:排水、水はけ、(またその設備=排水溝 のこと)

解説:これは映画でたまたま出てきたので掲載しておきました。笑 動詞の「drain」を覚えている人は多いと思いますので、名詞はこんなだよーという参考までに。

ちなみにdrainは「排出する、はかせる・(酒などを)飲み干す・徐々に消耗させる、枯らす・流出させる」等他にも自動詞になったりと結構な意味の量がありますのでまた機会があれば解説します。

ポケモンのわざの「メガドレイン、ギガドレイン」なんかがまさに「枯らす」の意味になりますね。

 

 

f:id:TakaCola:20151207171406j:plain

(初期のフシギバナの後ろ姿w)

 

※今ってポケットモンスター、略してポケモン(わかるひとのはわかる)の合計何種類か知ってます?720種類もいるらしいです。。。

 

 

 

・Crappy(クラッピー)

意味:悪質な、劣悪な

解説:形容詞ですね。クラッピーなんてキャッチーな響きしておりますが、=very badと表記されるくらいですので、かなりの悪者です。キヲツケテ。

ちなみに、同じくキャッチーな響きの単語で「chubby」はぽっちゃり、「pussy」は子猫ちゃん・または非常にお下品な意味になります。どれもあまり良い言葉ではありませんので、you're ○○○!なんて言うのは本当に仲が良い相手にだけにしておきましょう。

 

 

 

今回は以上です!如何でしたか?

使えないようで意外に使える?記事になったら良いなーと思います。

習得のコツはとにかくアウトプットです!学んだらすぐ実際に使ってみましょう!

 

 

 

 

■編集後記

 初英語講座記事、ボリュームの割にかなり時間使ってしまいました。直接何か教えているわけではないけれど、色々考えちゃって難しいものですねー。

徐々に慣れていきたいです。早めに良いテンプレートを作ります。今後は英文ももっとがつがつ書いていけたらより良いですねー!訳でも0から考えるのでも!

 

 

 

 

 

Fin.