sakuMAGAZINE

物書き練習の雑記です

PULP NONFICTION

低俗かつノンフィクションでお送りします

映画「MoonWalkers(ムーンウォーカーズ)」 感想:しょーもな!

 

 

先日、自分史上最大のドッキリを仕掛けられました。マジックメールみたいなやつです。かなり恥ずかしいし、しばらく人間不信になりそうです。詳しくは(書くほどの精神があれば)今後記事にします。笑 タカコーラです。

 

 

 

 

 

 

久しぶりに映画館に映画を見に行ったので、感想いきまーす。

今回はこれ!!

「Moon Walkers(ムーンウォーカーズ)」

f:id:TakaCola:20151208142304j:plain

 

 

 

2人のロンのおふざけ映画!!

 

まず一言感想、面白かった!!

メインキャストは「ヘルボーイ」「ドライブ」「パシフィック・リム」等に出演しているロン・パールマンと、「ハリー・ポッター」シリーズのロン・ウィーズリーとして周知されていますルパート・グリントのダブルロン?です。

 

ロン・パールマン、役者になるべくしてなったようなインパクトある顔。印象的でかなり画になります。

 

f:id:TakaCola:20151208143713j:plain

 

これほど悪役はまりする人はなかなかいないでしょうね~コワモテです。

 

f:id:TakaCola:20151208143849j:plain

 

こっちは「ヘルボーイ」の際のもの。厳つい、、、

 

 

 

一方のルパート・グリントは大人になりました。

 

f:id:TakaCola:20151208145632j:plain

こんなに可愛かった顔が

 

f:id:TakaCola:20151208145713j:plain

紆余曲折を経て

 

f:id:TakaCola:20151208145738j:plain

アダルトにかっこよくなりました!

 

 

そんな二人が行き違いやら勘違いによりふざけて展開していくところがたまらない映画です!!

特にロン・パールマンの顔芸はたまりません!笑 この人が真顔でふざけたことするのは反則です。

 

 

 

どんな映画??

 

舞台は60年代のアメリカ。アポロの月面着陸の失敗を恐れて偽の映像を作ろうと企むアメリカ政府。そこで「2001年宇宙の旅」の監督であるスタンリー・キューブリックに撮影を依頼しにいこうと試みるCIAエージェントのキッドマン(ロン・パールマン)。しかしそこから様々な勘違いが起きて物語は無謀な計画の実行に向かう......

て感じの映画です。

 

個人的に映画を撮る映画は面白いって思ってます。

地獄でなぜ悪いとか、、、ね? 今度まとめ作ってみます。笑

地獄でなぜ悪い スタンダードエディション [DVD]

 

 

それともう一つ、今回注目すべきは監督!

アントワーヌ・バルドー=ジャケという監督なのですが、初めて耳にする方も多いはず。なぜなら彼、今作が映画デビューの作品なのです!

もともとはCM等を数多く手がける敏腕天才クリエイター。映像美のセンスが今作品も光ってます! 60年代を思わせるデザインがかっこいい!!


Alex Gopher - The Child [A. Bardou-Jacquet] - YouTube

 

こういうのとか作ってたみたいです。

 

初監督作において一番の壁がキャスティング。実績のない監督にはなかなかネームバリューのある俳優はOKを出さないので。

しかし今回の作品においてメインキャストとなる2人はなかなかの実力派。彼らを呼べるほどの信頼があったんですねーすごいことです。

 

今後も監督業を続けるつもりなのかはわかりませんが、この先注目の一人です!

 

 

 

 

 

「跳ねる」

 

この映画、序盤こそ展開は良い感じに進んでいくのですが基本グダグダです。それがまた面白いんですけれど。その象徴ともいえるのが作中に出てくる映画監督の作品の一つである「跳ねる」です。

ほんっっっっっとにくだらないんですが、シュールすぎて笑ってしまいます。笑

ただただおデブな監督が文字通り「跳ねる」をしているだけの映画です。

もう一度言います、本当に下らないです。笑

 

また、エンドロールでも観客の笑いを誘ってくるので是非最後まで楽しんでください。ふざけてますので。

 

 

 

 

 

勿論おります、作中の美女!!!!

 

こんな感じでブラックコメディな作品となっているムーンウォーカーズですが、映画といえば美女はつきもの。しっかりおりますご安心ください。

 

今回ロン・パールマンの、特に幻覚の中で色気たっぷりなのが彼女です!

Erika Sainte(エリカ・セント)というベルギーの女優さんですね。

f:id:TakaCola:20151208161847j:plain

 

これで34歳っていうから驚きです。年齢なんて記号でしかないのかなって思い知らせてくれます。

 

f:id:TakaCola:20151208162801j:plain

 

この美貌でラリッたCIAのキッドマンを誘惑?するシーンは魅力的でいてユーモアがあって素敵です。

 

 

 

まとめ

 

色々とまとまりのないこと述べてきましたが、まとめますと

メインキャストの二人がアツイ!! はまり役な彼らに注目

本当にくだらない、しょーもない映画です!!うん〇大好きです!おっ〇いも大好きです!!

60年代の雰囲気が素敵な映画です!さすが奇才クリエイター!

 

以上こんな感じです。かるーい気持ちでかるーく見てください!いい感じです。

 

公式サイト:映画『ムーン・ウォーカーズ』公式サイト 11.14 ROADSHOW

 

 

 

(やはり感想記事は面白いがむずい!)

 

Fin.