読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakuMAGAZINE

物書き練習の雑記です

PULP NONFICTION

低俗かつノンフィクションでお送りします

ぶろぐ




何周回ってもやはり更新した方が良いよねっていう結論に至るので、書きます。
恐らく元々高くもない質が更に落ちるとは思いますが、ご了承下さい。さくです。



社会人のペーペーとして



今日は何となく、少しだけ赤裸々に書きたいと思います。

というのも、先日久しぶりに友人と飲み、あーでもないこーでもないと語らい
改めて目標立てて意識しないとふわふわ適当な生活になるな〜って思い知らされたからです。



やっぱり自分は海外で働きたいのです。
かなり漠然としてるし、理由も色々あるものの結局はシンプルに"憧れ"だと思いますが
そこが軸として生活せねばならんのです。

今一人ファミレスで、改めてそれについて考えているところであり…
どこに行くのか? いつなのか? 何するのか?
ちゃんと考えてこれからすべきことを精査したいなと思う。

多分具体的な方がやる気もマシマシですので





VISA ビザ びざ



まずはどこで働きたいのか
これを考えるとき、どう足掻いたってビザの問題が避けられません

一般に就労ビザってやつで、その国で働いても良いよ!っていう許可を頂くこと
国よってこの基準がかなり違くて、ハードルの低いところを探す必要があります

まずアメリカ。自由の国だし緩いのかと思いきや超厳しいです
ビザだけじゃなく基本的にアメリカの法律がキツくて泣ける…

就労後にNBAを過ごす日々を妄想しますが、たいそうな学歴もない自分には結構時間とお金のかかる話になりそう

そういったところから現在は東南アジア、特にフィリピン、マレーシア辺りを狙います。シンガポールも良いなあ
その他だとEUも、特にオランダなどは行きやすさがあるみたいなので良いかと思います。

まだまだ浅いため、この分野に関しては経験者にお話を聞きたいです。
海外経験者のエンジニアなど、会って生の情報を集めながら深く考えたいところ。あとはご縁とタイミングですね



年齢と時代と技術の流れ



次、いつなのか、whenです。
(今更だけど復帰ブログにしては長えな…サラッと書くつもりが嫌になってきたw)

自分来年23になります。
東京オリンピックの2020には26、その次の節目とも言える5年後は27。
で、自分の周りの様々な分野での先輩方
28、今年29でカリフォルニア行こうとしてます
同じく28でベトナム行かれてる方も
また別の方は25でフィリピンに

…何が言いたいのかと言うと、年齢と時代の流れの早さと、要素が多いので一概に比較ができないなあということ。。。

自分が5年後海外に出るとプランしても、今と5年後では世界情勢も違いすぎると思うので、5個上の先輩がやっているそれとは違いがあるなと。

それよりも2016の自分、2020の自分と年齢とか関係ない軸で考えていかないといかんなあ〜と。
勿論それでも技術や経験として時間を要するのはあるべきことだと思うし、その上でチャンスがきてタイミング合って掴めるものっていうのもわかる。

ただ、2016年と2011年がかなり違うように2016年と2021年はもっと違うと思うんです。

だからこそできるだけ早くステップを重ねる必要がある…気がする笑


準備とか計画とかも勿論大事だけど、勢いと気持ちでいくのも必要かな

答えはよくわからんけれど、大体技術が一人前になりそうな2.3年後が一つ目の分岐点と考える。


その先はその都度考えるとして、
先ずは3年後に今を20%として70%くらいまでスキルアップする
なので海外はそのタイミングまたはその数年後とします。



スキル



そして何をするのか?という話ですが
より具体的なことを考えるとこれが一番難しいのかもしれない

一応決まってはいるのですがね…


2.3年システム開発をしてエンジニア、プログラマのスキルを磨く。

その後どうなるかって話。

webにいきたいのが本心であるのですが、如何せん海外情勢がよくわからない
やはり経験者とマッチングするのが手っ取り早いが
一応、プログラマ→webエンジニア
このタイミングで海外に行くのが吉と考えています
その後ディレクターになっていければ良いかな。




(一応)まとめ



技術を現場&自主的にwebの方向で磨く
+
海外経験者に話を聞く
+
語学力の維持、できればもう一段階レベルアップ

以上をこれからの2.3年でやるのが一番の近道かなと思います…!




頭の整理ができたー!

疲れましたが少しずつ、この記事の半分くらいのボリュームで更新していこうと思う





あでゅー  

さくでした。